ご出産について BIRTH

無痛分娩 PAINLESS

無痛分娩

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、さまざまな麻酔法を用いて分娩進行中の痛みを和らげる方法のことをいいます。
当院では「硬膜外麻酔」を用いた無痛分娩を行っています。
また当院で無痛分娩を行う場合、必ず麻酔科標榜医と産婦人科医の2名体制で行っており、安全に無痛分娩を行うことができます。

無痛分娩のメリット
  • 分娩時の痛みが軽減される
  • 痛みのストレスから解放される
  • リラックスして分娩に臨むことができる
  • 分娩時のストレスを軽減することで体力が温存でき産後の回復も早くなる
  • 緊急帝王切開となった時、速やかに手術に移行できる
無痛分娩のデメリット
  • 分娩第2期が遷延することがある
  • 吸引・鉗子分娩となる率がやや高くなる

硬膜外麻酔とは

脊椎の中の硬膜外腔というスペースに硬膜外カテーテルという約2mm程度の細い管を挿入し、そこから麻酔薬を注入する方法です。
麻酔の効果を確認後、麻酔薬を調整しながらお産を進めます。

  • 硬膜外麻酔とは
  • 硬膜外麻酔とは
  • 硬膜外麻酔とは

日本産科麻酔学会ホームページより引用

入院後スケジュール

9:00 入院
ノンストレステスト
必要時、子宮頚管拡張
子宮頸管拡張器が自然脱出後、分娩室で硬膜外麻酔を導入
陣痛誘発(促進剤)開始
痛みに応じて硬膜外麻酔開始
分娩終了後硬膜外麻酔終了(硬膜外カテーテル抜去)

無痛分娩受付からご入院までの流れ

34週まで
受付 34週までに無痛分娩を希望していることを申し出てください。

【以下の方はお受けできません。】
  • 血液疾患(出血傾向)のある方
  • 側湾症や脊髄神経疾患のある方
  • 高度肥満のある方(BMI>30)
  • 感染兆候のある方
  • 局所麻酔薬にアレルギーがある方
36週前後
診察と意思確認
  • 無痛分娩が可能か評価します。
  • 無痛分娩の説明・確認を行います。
37週以降
診察
入院予約
入院申し込み
内診
診察の結果、無痛分娩が可能と判断した場合は、入院日を決定します。
2名/週間(平日のみ)
36週前後
診察と意思確認 入院時、計画分娩の同意書を提出していただきます。

料金

通常の分娩管理費用+5~7万円程度です。キャンセル料などは頂いておりません。

※硬膜外麻酔を安全に実施するため、休日・夜間の対応ができないことがあります。